基礎クラス

成犬になってから何かお困りの行動はありませんか?

吠えて困る、飛びつく、散歩の時に引っ張って仕方ないなど・・・。

行動学を基に飼い主様も愛犬と一緒に勉強してみませんか?

 

 

スワレ

扉を開く時、横断歩道を渡る前にオスワリをさせたら、

飛び出し防止にもなる上に、他人に愛犬を触ってもらう時に、

オスワリが出来ると飛びつき防止にもなります。

愛犬や人の安全確保にもオスワリを教えることは大切です。

 

フセ

動物病院に行った際、ドッグカフェに行った際に愛犬がフセをして待っていてくれると、

飼い主にとっても管理しやすいですし、フセをするのは犬にとって

その場所が落ち着けるというボディランゲージでもあるのです。

フセてその場にじっとしていられることが目標です。

 

マテ

マテは、犬の行動を抑制する合図です。

マテが出来る様になると、オスワリと同じく人に飛びついたり、

道で飛び出したりすることを防ぐ事が出来るというメリットがあります。

 

ツケ

どんな体格の犬であっても散歩をする時にどの方向へ行くかを選ぶのは

飼い主でありたいものです。愛犬が行きたい方向に行くのではなく、

人より愛犬が後ろを歩くことで、拾い食いを防いだり、危険を避けたり、

飼い主がリーダーシップをとって歩くようにしましょう。

 

コイ

愛犬が他の犬とけんかするのは、防ぎたいものですし、

うっかりリードを離して、愛犬がどこかへ行ってしまったら困りますよね。

そう行ったと時に、「オイデ」や「コイ」などの言葉で、

呼び戻しができると安全です。

 


飼い主の皆様へ

新しくトレーニングするのは、もう無理・・・なんて諦めてませんか?

しっかりとトレーニングをすると、何歳であっても愛犬はこたえてくれますよ!

何歳になっても、諦めずにトレーニングをして、飼い主と信頼関係を作り、

人とも他犬ともうまく付き合える愛犬にしましょう。